様々な黒ずみ解消法

黒ずみを解消するためには?どのような対処をすればよいのか。ピーリング・クリーム・施術、自分に合った方法を探しましょう!

黒ずみに対するハイドロキノンとその注意点

肌に対する漂白作用があるハイドロキノン

肌の色合いが気になる時には、ハイドロキノンの使用が検討される事はあります。ただしそれを使用するなら、パーツは要注意です。パーツによっては、それを使用するのは控える方が良いからです。
ハイドロキノンには、漂白作用があります。多くの方々は、肌の色合いはできるだけ白くしたいと望んでいます。その場合は、漂白作用が強いハイドロキノンはおすすめなのです。

メラニン色素の生成を抑えてくれるハイドロキノン

肌の黒ずみは、メラニン色素との関連性があります。いわゆる防衛本能の一環として、その色素が生成されるからです。
肌に対しては、やや強い刺激が生じてしまう事もあります。そのままでは良くないので、体内の組織は、色素生成で体を保護するよう試みる訳です。
それで上述のハイドロキノンは、その色素生成を抑えてくれる力があります。しかもハイドロキノンは、その力がとても強いのです。ビタミンCやプラセンタなどと比べると、漂白力も優れています。ですから黒ずみが気になる時は、ハイドロキノンを使用してみる方法もあります。

デリケートな箇所に使用するのは禁物

ところで黒ずんでしまう体のパーツには、色々あるのです。
・脇の下
・お尻
・ヒザ
このように様々なパーツがあります。
数あるパーツの中には、非常にデリケートなのです。そこにハイドロキノンを使用してしまうのは、リスクが大きくなってしまいます。
確かにハイドロキノンは漂白効果も大きいのですが、その反面で副作用も強い成分になります。特にデリケートゾーンなどは、要注意です。そこにハイドロキノンを使用してしまいますと、体に対する悪影響があります。
場合によっては、黒ずみが悪化してしまう事もあるのです。基本的にハイドロキノンは、デリケートな箇所には使用しない方が良いでしょう。

関連する記事