様々な黒ずみ解消法

黒ずみを解消するためには?どのような対処をすればよいのか。ピーリング・クリーム・施術、自分に合った方法を探しましょう!

様々な黒ずみ解消法

保湿ケアを行って黒ずみを解消

保湿ケア
黒ずみは、自力で解決する事もできます。いわゆる保湿ケアなどを行いますと、色合いが解消される事も多いのです。
スキンケアの為には、肌の潤いを高める事は大切です。ですから適切な化粧水などを使用してあげれば、黒ずみが解消する事もよくあります。

角質除去と刺激軽減で黒ずみを解消

それと角質層も、1つのポイントになるのです。人によっては、肌の表面部分が硬くなっている事もあります。角質層の厚みが増しているからです。しかし角質層は、自力で除去する事もできます。
その他にも、刺激の大きさも注意するべきでしょう。むやみに大きな刺激を与えてしまうと、黒ずんでしまうからです。

色が濃い時は施術も検討

つまり下記のような方法で、自力で黒ずみを解消する事は可能なのです。

  • ・保湿ケア
  • ・角質の除去
  • ・刺激を少なくする

ですが、これらの方法が有効なのは、あくまでも黒ずみの程度が軽微な時です。人によっては、かなり濃く黒ずんでいる事もあります。色が濃いと、上記のような方法では解消が難しい事も多いです。
その場合、クリニックによる施術なども検討してみると良いでしょう。ピーリングや経皮導入などの手段があります。

肌の黒ずみ対策は大丈夫?2018年黒ずみケア商品比較

ケミカルピーリングや経皮導入などの施術で黒ずみを解消

例えばケミカルピーリングは、皮膚の一番外側にある角質層に働きかけるのです。クリニックによる施術で角質層を除去し、黒ずみ解消を目指す事になります。
それと経皮導入は、薬剤を注入する方法になります。肌が乾燥している時などは、何らかの手段で手を保湿ケアを行ってあげると、黒ずみが解消する事も多いのです。超音波やイオンなどの施術で、黒ずみが解消する事もよくあります。
もちろんクリニックで施術を受ければ、費用もかかります。しかし色濃く黒ずんでいる状態でも、効果を発揮してくれるメリットは大きいです。たとえ費用がかかっても、施術は前向きに検討してみるのがおすすめです。

ピーリングによる黒ずみ解消と力加減の注意点

お肌

肌の状態を良くする為のピーリング

肌の状態が気になる方々は、しばしばピーリングを行っています。黒ずみを気にしている方々も、よくピーリングを行っているのです。
ピーリングは、肌にある余分な物を除去する行為です。黒ずみの場合は、余分な角質層を除去する目的になります。しかし力加減を間違えてしまいますと、かえって色が悪化する事もあるので、注意が必要です。

一番外側の余分な角質層をピーリングで除去

肌の一番外側には、角質層があります。いわゆるバリアの役割を果たしている層なのですが、人によっては角質層が厚くなっているのです。肌の表面が硬い時などは、たいていは角質層が原因です。黒ずみも、角質層が一因なのです。
しかし一旦厚くなった角質層も、自力で除去する事はできます。専用のピーリング剤を使用しても良いですし、重曹を使用する方法もあるのです。

ピーリングしても色が濃くなってしまう

ですから黒ずみが気になっている方々は、しばしば自力でピーリングを行っていますが、人によっては状態が悪化している事もあるのです。専用のピーリング剤なども使用し、角質層の除去を試みるものの、かえって色が濃くなってしまう事もあります。
そういう時は、力加減を見直ししてみると良いでしょう。強い力を加えていると、色が濃くなる事もあるからです。

強い刺激によって色が濃くなる

そもそも人間の体には、下記のような防衛作用があります。

  • ・肌に刺激が加わる
  • ・皮膚細胞が反応して、保護目的のメラノサイトを作る
  • ・メラニン色素が増えて、黒ずみが生じる

つまり刺激を加えてしまいますと、黒ずんでしまう訳です。ピーリング時の刺激も同様です。強い力で摩擦を加えてしまいますと、細胞が反応してしまい、かえって色が黒くなってしまう事はあります。
ですから自力でピーリングを行う時は、力加減は要注意です。あまり力を加えずに、肌ケアを行うと良いでしょう。